7つの習慣ボードゲーム

7つの習慣(R)ボードゲーム 公式サイト

成功のバイブル『7つの習慣』

今から25年以上前、1989年に発売になったにもかかわらず、
未だに世界中で売れ続けているビジネス書があります。

それが『7つの習慣』

書籍は世界44ヶ国語に翻訳され、3,000万部以上販売。
書籍を元にした研修プログラムは米国の売上上位100社のうち、90社以上に導入、そして世界147ヶ国で展開しており、
日本国内においても、累計3,500社、20万人以上のビジネスマンが受講しています。

言語や文化を越えてここまで世界に広まった秘密は、
この本の生い立ちに隠されています。

この本は著者のコヴィー博士が書いた研究論文が元になっています。

米国建国200年の記念研究として書かれた論文のテーマは、ずばり「成功」

コヴィー博士は米国の200年分の成功に関する論文や書籍を手当たり次第に読み、
「成功」に共通する要素や傾向をまとめ、生まれたのがこの「7つの習慣」。

つまり、200年分の“成功のレシピ”の集大成であるのこの書籍の内容を実践すれば、自ずと得たい結果を得られる可能性が高いというわけです。

多くの企業にとって得たい結果とは「売上」や「利益」です。
その会社の社員が「7つの習慣」を実践すれば、
自ずと売上や利益がついてくる可能性が高くなる。

その結果が「米国の売上上位100社のうち、90社以上に導入している」という事実です。

『7つの習慣』の高い壁

『7つの習慣』を読み、書いてある内容を実践すれば誰でも成功できるということになりますが、なかなかそうはいきません。

それはなぜか。

まず『7つの習慣』は500ページ以上あり、決して読みこなすのが簡単な本ではないからです。

日本における『7つの習慣』の権利を持っているフランクリン・コヴィー・ジャパンは、数年前から「7つの習慣」をより多くの人に学んでもらうためにマンガ化などのコラボ企画を進めると同時に、ゲーム化の構想を持っていました。
(実際にいくつかのゲームメーカーとも水面下で交渉をしていたとのこと)

しかし、iPhoneやスマホのゲームの多くが有料から無料に移行する中、開発コストなどを考えると実現が困難に。

なにより、「7つの習慣」の概念をゲームの中に落とし込むことのできる人物が現れず、開発が見送りになっていました。

ある出会いが生んだ奇跡のボードゲーム

そんな中、ボードゲームを趣味とし、ボードゲームの専門家として個人的に活動していた弊社の松永が、フランクリン・コヴィー・ジャパンの担当者とあるきっかけで繋がったことから奇跡が生まれます。

「ボクに『7つの習慣』のボードゲームを作らせて下さい」

弊社はマーケティングの会社でボードゲームなど作ったこともありません。モノを売るのは得意ですが、ボードゲームを作るノウハウも物流の仕組みも素人。 彼の提案に社長からのOKは出ませんでした。

しかし、彼が4日徹夜で作ってきた「7つの習慣」ボードゲームの試作品を見て、メンバー全員の心が動きました。

「これならイケるかも」

そして企画にGoサインが出て、フランクリン・コヴィー・ジャパン監修の元、
「7つの習慣ボードゲーム」は世の中に出ることになったのです。

ボードゲームに隠された成功の鍵

このゲームは「7つの習慣」を学ぶゲームではありません。100回このゲームをやっても「7つの習慣」の概念は全く学べません。

しかし、

このゲームをプレイすることによって、「7つの習慣」の本質である「成功するために必要な考え方」を「7つの習慣」を学ぶことなく、身につけることができるのです。

なぜなら、「成功するために必要な考え方」をしなければ、このゲームでゴールできないようなゲーム構成になっているからです。

「7つの習慣」で伝えられている成功のエッセンスの中でも、特に以下のような力がゲームをプレイすることで培われます。

・Win-Winを考える力
・限られた時間の中で最優先事項を選択する力
・他のプレイヤーが欲しいモノを理解する力
・信頼関係を構築する力
・自分の目標を常に意識しながら生きる力
・自分の得たい結果を周りに伝える力

ゲームを何度もプレイしていくと、現実の社会でも同じような力を使う場面が思い浮かんできます。 その気づきを得ることこそが、このゲームの最大のポイント。

ゲームで培った「成功するための力」を仕事やプライベートの場面で使うことで、得たい結果は自然と近づいてきます。

実際にプレイした方々からは様々な声をいただいています。

実際にプレイした人の声

周囲の反応が変わり、人生がいい方向に変わっています。

思っていることを声にすること、まわりの人が何を必要としているかを知る大切さを、このゲームを通して痛感しました。
ゲームで得たことを普段から意識してみると、協力してくれる人が現れたり、集客するなら〇〇がいいよとアドバイスをもらえるなど、私だけでなく周囲からの反応が変わり、自分の人生がいい方向に変わっている ことを感じています。

30代男性 コーチング事業

ボードゲームなのにリアルな体験ができた。

ボードゲームでありながら、現実感がとても強く刺激的でした。フェーズごとの重要項目がスタートアップ(起業時)に酷似していて、リアルな体験になりました。
自分の性格・特性が理解できたとともに、実社会への応用ができると感じました。

30代男性 起業家

自分がいかに停滞していたかを痛切に感じました。

ゲームを通して、自分がいかに停滞していたかを痛切に感じ、毎日、これからどのようにしていこうか、考え続けるようになりました。
またまだ考え途中ですが、日々の積み重ねが人生となり、人生は短く有限だと、強く感じる事ができました。毎日の0.2%の改善、継続していきたいと思います!

40代女性 コンサルタント

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

人生において何が大切なのか、再認識させられた気がします。

このゲームには人生のイベントがきちんと盛り込まれていて、駆け引きや交渉力、信頼、徳など、人生においても大切なことを再認識させられました。
まるで人生そのものを凝縮させたようです。この体験は今後の私の人生において、様々な影響を与えると確信しています。

40代男性 IT会社社長

起業において大切なことがわかってきました。

ゲームをプレイして、自分にない知見を得るためには、多くの人の意見を聞くことが重要だということに改めて気づきました。
現在起業プロセスにいて、真似されないかとアイデアを人に公開することをためらうことがありますが、多くの人から意見を得ることの方がメリットが大きいと感じ、考え方が大きく変わりました。

30代女性 起業家

人生の歩み方や考え方を見直す必要がある。

自分には主体性がいかに足りていないかという点がわかりました。ちゃんと考えているつもりでも、影響力のある人に従う、頼れる人に頼ってしまう傾向をもっと見直す必要があると実感しました。「準備しながら死ぬ」かもしれない人生を歩んでいることにも気づきました。もっとアクティブにいきたいですね。
何かを決めるときに本当に主体性を発揮できているか、自分自身に問いかけてみようと思います。夫とご飯やお出かけをするときに決めてもらわないといらいらしていましたが、主体的になることで仲良し夫婦を続けられるのだろうと思いました。

30代女性 サロン経営

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

頭でわかっているだけじゃ意味がないんですね。

本を読んで頭でわかっていても、まだまだ全然できていなかったことがある、ということを7つの習慣ボードゲームに教えられました。
また、「こう動けばいいんだ」という体験ができたので、今後に活かせそうです。とても学びになるゲームだと思います。

40代男性 医療ソーシャルワーカー

私に必要だったのは経験でした。

「人との協力」「自分のためではなく、相手を思いやった提案」など、面白く体験できて本当に勉強になりました!
人のために、というのは気持ちがいいだけでなく、後から何かに変わって自分に返ってくるものなのですね。貴重な経験になりました。この体験を今後の仕事に活かしていきたいと思います。

20代女性 会社員

お金以外にも大事なことがある。

雇用、交渉、資金繰りなど、普段は体験できないことをゲーム感覚でできたのですごいいい経験になった。 お金以外にも大事なことがあったり、先入観にとらわれないことも大事だと思った。

20代男性 教員

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

人との助け合いが重要だと痛感しました。

7つの習慣を読んだことはなかったがとても楽しめました。このボードゲームの学びとしては、ヒト、モノ、カネの関係と、何よりも人との助け合いがとても重要だと痛感しました。
夢を実現するため、何ができるのか、改めて考えたいと思います。

20代男性 会社員

ゲームの域を超えている。

人が社会を生きていくために必要な要素がつまりにつまっていて楽しかった。
2回より3回と重ねていくといろんな楽しみ方ができて、ずっと学びながら成長できるのがいいです。ゲームの域を完全に超えていますね。

40代男性 制作会社代表

お金持ちの肝や成功のためのステップが身につく

成功と幸福を手に入れる道のりにたくさんのルートがあると感じました。
お金持ちの肝や成功するためのステップが回数を増やすごとに身につきそうです。

30代男性 会社員

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

やればやるだけ気づきがある。

もう10回ほどプレイしてますが、今だに気づきがあります。
やるメンバーによって全く違うゲームに様変わりするので、何回やっても楽しむことができ、やるたびに気付きがあります。やればやるほど深いゲームだと感じます。

40代女性 教育事業代表

お金の価値、人材の価値を痛感。

自分のいるステージに応じてお金の価値、人材の価値が変わるということを改めて痛感しました。
自分の強みは何か、ミッションを達成するために何を強みにするか把握しておくことが、今後の自分に必要だと感じました。

30代男性 弁護士

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

プレイする

購入する

価格について

このゲームは「7つの習慣」の権利元であるフランクリン・コヴィー・ジャパン社の監修のもと、世界初のボードゲームとして企画されました。そのため、ボードゲームとしては高額の20,000円(税抜)という価格設定となっています。

しかし、ゲームをプレイすることによって、あなたが得たい結果を得るための気づきを得られるとしたらどうでしょうか?

このゲームは、「自分の利益だけを考えてプレイする人」「相手の目標を理解してサポートすることができない人」「他のプレイヤーの信頼を損ねるようなプレイをする人」はゴールできない設計になっています。

このゲームを繰り返しプレイして、ゴールをするコツを身につけ、それを実際の生活やビジネスに応用することによって、あなたが得たい結果を得る可能性が高まります。そのための自己投資と考えれば20,000円という価格は決して高いとは言えないのではないでしょうか。

まずはゲーム会に参加するという選択

ここまでお読みいただいても「ボードゲームをやったくらいで気づきなんて得られないでしょう」と思われるかもしれません。

そんな方のために、私たちは、ゲームの考え方とルールを正しく理解し、ゲーム会を主催することができる公認ナビゲーターを養成しています。そして現在200名以上の公認ナビゲーターが北海道から沖縄まで、全国でゲーム会を開催しています。

すぐに購入することに不安を感じられるのであれば、“まずはゲーム会に参加してみる”のも1つの選択です。一度参加すれば、このゲームから何が学べるのか、繰り返しプレイすることによってどんなことが起こるのか、ご理解いただけると思います。

プレイする

購入する

よくある質問です

Q1.他のボードゲームと何が違いますか?
A1.このボードゲームは、遊ぶことを目的としていません。大前提として、面白さを追求しているので、楽しめるボードゲームなのはもちろんですが、それが目的ではありません。
数百年にわたって蓄積されてきた成功の原則を「体験」する。「成功の習慣」を体験し、プレイするあなたを成長させることを目的とした、これまでにない新しいボードゲームです。お金で買うことのできないその体験は、あなたとあなたの人生に大きな影響を与えてくれるはずです。
Q2.本を読むのと違いはありますか?
A2.大きく違います。本を読むのは素晴らしいと思います。ただ、読むだけでは身につきません。人生を変えられなかった青年のように、それではただの自己満足になります。
そうではなく、実践することで様々な経験をし、自分を少しずつ変えていく。私たちが成長・変化する際の最も大きな障壁となる「体験=アウトプット」を得られるのが、このボードゲームの特徴です。
Q3.このボードゲームをプレイしたら、必ず成功するのでしょうか?
A3.100%誰でも成功する、とは言えません。なぜなら、あなたを変えていくのは、あなた自身だからです。
このボードゲームには、人を成長させるたくさんの要素が詰まっています。プレイする人に大きな影響を与えます。しかし、それは努力がいらない、ということとは違います。何もしなければ成果はでません。
一つ言えることがあるとすれば。 それは「7つの習慣」が、多くの方の人生を変えてきたという事実です。
あなたが自ら変化することを決意し、実践する決心をするならば、このボードゲームがあなたに様々な気づきと体験をもたらしてくれます。結局のところ、そういう方だけがやはり成功を手に入れていくのだと思います。ぜひ、楽しみながらも真剣に実践してみてください。
Q4.既にビジネスが上手くいっていますが、役にたちますか?
A4.これまでに様々な経営者の方にプレイしていただきましたが、「色々と考えさせられました」「自分に足りない部分が見えました」とそれぞれが新たな気付きを持ち帰られていました。
原点に返る、という言葉がありますが、うまくいっている時ほど、自分を見つめ直す時間は大切で、しかし、意外とその時間を作るのは難しいです。
現在うまくいっている方にこそ、試して欲しいボードゲームです。
Q5.7つの習慣の本は読んでいますが、それでも意味はありますか?
A5. 本を読むこと=身につく、ではありません。
インプットだけでは人生は変わらず、得た知識をアウトプットすることが大切です。そのアウトプットを自然とできるのが「7つの習慣ボードゲーム」です。
本を読んで得た知識が、どの程度身につき、自分のものになっているのか。このボードゲームを通して、ぜひお試しください。
Q6.一緒にプレイする人を集められるかどうか不安です
A6.人に声をかけるのが苦手、という気持ちはよく理解できます。ですが、ボードゲームほど人を集めやすいものはありません。人との距離を一瞬で近づけます。「一緒にセミナーいかない?」と誘うのとはわけが違います。
人は普段やらないことに興味を持ちます。
試しに周りの人に「今度、ボードゲームしない?」と声をかけてみてください。思っている以上に人が集まることを実感していただけると思います。人を集めることの楽しさも、ぜひご体験ください。
Q7.起業するつもりはないのですが、そんな私でも役には立つでしょうか?
A7.「7つの習慣」はビジネスを目的とした本ではありません。それは「7つの習慣ボードゲーム」も同じ。人生においての「成功」というのは人ぞれぞれで、ビジネスを成功させることだけを「成功」と呼ぶのではありません。人が豊かに、そして幸せに暮らすためにはどのような習慣が必要なのか。
それを教えてくれるのが「7つの習慣」であり、その体験ができるのが「7つの習慣ボードゲーム」です。
もしもあなたが現状に満足されていないのだとすれば、これからの人生を豊かに過ごすためのヒントが得られるはずです。

人生を変える『成功の習慣』を体験してみませんか?

「7つの習慣ボードゲーム」は運だけではゴールできません。

自ら考え、選択し、成功の習慣に基づいた行動をしなければゴールできないよう、設計されています。 ゴールするためには、限られた制限時間の中で、自分自身を高め、仲間と信頼を増やし、交渉やプロジェクトなど、様々な条件を成立させていくことでゴールが近づきます。そのプレイを通して「成功するために必要な考え方」を身につけることができます。

様々な体験をするからこそ、新しい気付きが得られ、足りないものに気付く。
そして、その体験をあなたの人生に活かし、未来を変えていく。

成功を体験できる世界初のゲーム「7つの習慣ボードゲーム」を通して、10万円払っても、20万円払っても手に入れることのできない「体験」をぜひ手に入れてください。

このボードゲームが、あなたの人生を良い方向へと導く道しるべとなってくれることを、心から願っております。

プレイする

購入する