7つの習慣(R)ボードゲーム
拡張ルール

ボードゲームの利点は、いろいろなルールを自ら提案し、それを反映できることです。
このページでは、「7つの習慣ボードゲーム」をより面白くなるルールを掲載しますので、
お好みものをゲームにお取り入れください。

このページをお読みの皆様の拡張ルールも随時、募集しておりますので、
おすすめできるルールがございましたら、ぜひご連絡ください。

拡張ルール その1

研修業界の市場活性

ゲームがよりスリリングになる拡張ルールです。

・研修受講タイルの価格が変動します。
・市場活性カードが1回めくられるたびに、第3ステージの研修「成功の習慣化」が+500cの価格になります。

Ex:市場活性カードが3回めくられたら、
「成功の習慣化」研修受講タイルの価格は3000c(1500c+500c×3)となります。

拡張ルール その2

ミッション・バランス

  • ・たまに起きる「ゲームがとても簡単になる事態」を防ぐ拡張ルールです。
  • ・この拡張ルールを入れると、レベル1〜4のミッションがバランスよく振り分けられます。
  • ・ミッション・ステートメントカードをレベル毎に分けます。
     (レベル1〜4まであるので、4つに分かれるはずです)
  • ・4つに分けたら、それぞれの山を裏向きにしてよく切ります。
  • ・各プレイヤーはそれぞれ1つの山を選び、一番上のカードをとります。
     このとき、プレイヤーは他のプレイヤーと違う山を選ばなければなりません。
  • ・5〜6人プレイのときは、4人がそれぞれ選び終わった後、
     残った4つの山からまた、好きな山を選び、同じようにカードをとります。

拡張ルール その3

立ちはだかる選択

  • ・ゲームがよりスリリングになる拡張ルールです。
  • ・「原則に立ち返る」マスの効果が以下に変更されます。
  • ・このマスに止まったプレイヤーはミッション・ステートメントカードをめくる前に2つのうち、どちらかを選ぶ。

①「強制交換」:今の自分のミッション・ステートメントカードを元の山札の一番下に戻し、
 その後、新たにミッション・ステートメントカードを引く。
②「イベント発生」;ミッション・ステートメントカードを引かない代わりに、そのステージのイベントカードを1枚引く。

拡張ルール その4

7〜8人プレイ
※若干難易度が上がります。

【7人プレイ】

  • ・制限時間:10ターン
  • ・代用について:コマ、最優先事項タイル、研修タイルが別途1つずつ必要となります。(コマはなんでもOK、タイルは手書きなどで代用)
  • ・準備について:影響力1のチームカードを全て抜き出し、A~Fを1枚ずつ、さらに残りのカードの中からランダムで1枚抜き出し、合計7枚を裏向きのまま、シャッフルし、プレイヤーに配ります。※最初から競合のいるプレイヤーがいます。

【8人プレイ】

  • ・制限時間:9ターン
  • ・代用について:コマ、最優先事項タイル、研修タイルが別途2つずつ必要となります。
  • ・準備について:影響力1のチームカードを全て抜き出し、A~Fを1枚ずつ、さらに残りのカードの中からランダムで2枚抜き出し、合計8枚を裏向きのまま、シャッフルし、プレイヤーに配ります。※最初から競合のいるプレイヤーがいます。